ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOME製品紹介

ページの本文です。

製品紹介

確かな技術で世界の空へ

100年近い歴史を持つ当社の航空機用エンジン。民間航空機に搭載されるターボファンエンジンの国際共同開発や部品製造、修理などを行い、世界の航空機産業と快適な空の旅を支えています。
当社グループが開発を進める次世代機MRJに搭載される新型エンジンPW1200Gプログラムにも参画。最先端の低騒音・低排ガス技術を結集した環境適合型エンジンで、地球環境の保護にも貢献していきます。

V2500

本エンジンは、日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、イタリアの5ヶ国による国際共同開発エンジンで、推力11~15トン級の高信頼性を有するエンジンです。
昭和59年(1984年)開発に着手、昭和63年(1988年)型式承認を取得、現在エアバス社のA319、A320、A321、ボーイング社(旧 マクダネルダグラス社)MD-90及びエンブラエル社KC-390に搭載されています。
当社は、日本航空機エンジン協会の一員として参画し、低圧コンプレッサーや高圧タービンのケーシングなどの設計・製造を担当しています。

PW4000

本エンジンは、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー社のエンジンで、推力25~45トン級の大型エンジンです。
昭和62年(1987年)に市場に投入、ボーイング社の747、767、777、MD-11、エアバス社のA300、A310、A330に搭載されています。
当社は、リスク・シェアリング・パートナーとして、コンプレッサーやタービン、燃焼器部位の製造を担当しています。

Trent1000

本エンジンは、イギリスのロールス・ロイス社の3軸構造を特徴とするTrentファミリーの第五世代エンジンであり、推力は27~35トン級、燃焼効率を飛躍的に高め、排出ガスを大幅に削減する環境適合型エンジンです。
平成19年(2007年)に型式証明を取得し、ボーイング社787に搭載され、平成23年(2011年)に運航開始されています。
当社はリスク・シェアリング・パートナーとして、燃焼器モジュール及び低圧タービンブレードの製造を担当しています。

TrentXWB

本エンジンは、イギリスのロールス・ロイス社のTrentシリーズのエンジンで、推力34~44トン級、Trent1000から更に大幅な燃費効率改善を実現するエンジンです。
平成23年(2011年)に型式証明を取得し、エアバス社のA350XWBに搭載され、平成27年(2015年)に運航開始されています。
当社はリスク・シェアリング・パートナーとして、燃焼器モジュール及び低圧タービン部位の製造を担当しています。

Trent7000

本エンジンは、イギリスのロールス・ロイス社のTrent1000エンジンをベースに、エアバス社A330neo向けのエンジンで、平成30年(2018年)に運航開始予定です。
当社はリスク・シェアリング・パートナーとして、燃焼器モジュール及び低圧タービンブレードの開発を担当しています。

PW1200G

本エンジンは、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー社のPurePower ® Geared TurboFanTM (GTF)エンジン(ファンとタービンの間に減速機を加えることで、推力源であるファンと低圧系の各々の最適回転を実現し、燃費を改善すると同時に騒音を低減)で、三菱航空機(株) MRJ70 / MRJ90向けに開発中の推力7~8トン級の次世代エンジンです。
当社は、高圧タービン、燃焼器の製造とエンジンの組立・試験を担当しています。

PW1100G-JM

本エンジンは、V2500の後継として、日本、アメリカ、ドイツ、3ヶ国のメーカー5社による国際共同開発エンジンで、推力11~15トン級のPurePower ® Geared TurboFanTM(GTF)エンジンです。平成26年(2014年)に型式証明を取得し、エアバス社A320neoシリーズへ搭載されています。
当社は、日本航空機エンジン協会の一員として参画し、燃焼器部位の設計・製造を担当しています。

PW210

本エンジンは、プラット・アンド・ホイットニー・カナダ社により先進技術を用いて開発された1,100馬力クラスの次世代ヘリコプター用エンジンです。このエンジンは優れた燃費、出力重量比、環境性能を達成。シコルスキー社製S-76Dに搭載のエンジンは、平成23年(2011年)型式証明を取得、平成25年(2013年)より運航を開始、レオナルド社(旧アグスタウェストランド社)製AW169用に搭載のエンジンは、平成26年(2014年)に型式証明を取得、平成27年(2015年)より運航を開始しました。
当社はリスク・シェアリング・パートナーとして、低圧タービン部位の設計・開発及び製造を担当しています。

TS1

本エンジンは、防衛省がOH-1観測ヘリコプタ用として国産開発した900馬力クラスのターボシャフトエンジンです。当社が設計・製造の主契約者となり、平成3年(1991年)に開発を開始し、平成8年(1996年)8月に初飛行、平成10年(1998年)に量産初号機を出荷しました。また平成13年(2001年)から運用コスト低減のため圧縮機、タービン等の改良により、燃料消費率を向上させると共にタービン入口温度を下げることでエンジンの耐久性を向上させるTS1-M-10Aの開発が開始しました。TS1-M-10Aは、平成22年(2010年)から順次TS1-M-10を改修し、運用されています。

TJM3

本エンジンは、三菱重工業株式会社が昭和58(1983)年に株式会社SUBARU(旧富士重工業)の航空自衛隊向け標的機用に開発した小型の一軸式ターボジェットエンジンです。燃料系統、点火系統等には、標的機と言う用途を考慮した堅実かつ簡素な設計を採用しています。昭和61(1986)年より運用を開始し、平成30(2018)年で615台を出荷、現在も製造を続けています。
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る